INTERVIEW

2015年入社シニア・アソシエイト徳田 浩明

プロフィール

2011年アクセンチュア入社。情報通信業界やリテール業界を中心に経営改革に従事。その後2013年よりベンチャー企業の経営改革に参画。商品開発からCRMシステムの設計まで多岐に渡る領域で支援を行う。2015年に参画。主にサービス業界の全社経営改革などに関わる。早稲田大学卒業。

  • リヴァンプを選んだ理由

    縁あって創業者の澤田を紹介してもらったことがきっかけです。名前と実績は知っていたもののどんな方かは知らなかったのですが、いざ会って話してみたら、「現場」をとても大切にすることに加え、熱くチャレンジしていく姿勢がとても魅力的で、部屋を出た時にはもうジョインしたいと決意していました。
    そのあとに会った現社長の湯浅、そしてマネージャー陣も皆一緒に働きたいと思う方々で、こういう人材が集まる会社なら何も悩むことはないと思いました。その後澤田は、ファミリーマートの社長に就任しておりますが、その人柄や熱意あるカラーは確かにリヴァンプに浸透しており、入社して一年以上が経ちましたが、あの時の直感は間違っていなかったと断言できます。

  • 現在取り組んでいること

    現在は業種業態問わず経営改革全般を支援するチームで、サービス業の業務改革・システム構築支援を進めています。
    できない原因を他者に求めずに、自分自身で動く、というスタンスが浸透していて、入社当初は、前職時代と比べて「こんなことまでするのか」というカルチャーショックもありました。
    例えば、私がいま執行役員を務めている小売業においても、ファミリー向けのイベントなどでは自らお客様の呼び込みやご案内まで行います。
    その場では、訪れるお客様が競合と社名を間違えていたりするなど、色々な気づきがあります。他のコンサルティングファームでは、リサーチ会社などを使って顧客の実態を探ったりする事が多いのですが、それだとお金と時間ばかりかかる。でも当事者として現場に立つと、課題が一瞬でわかるのです。
    その中で、特にやりがいを感じるのは支援先企業に「仲間」と認めていただけた時です。
    多くの場合、コンサルタントは部外者扱いされます。ですが、リヴァンプのスタンスである「現場を大事にする」を体現していくと、いつのまにかお客さんとの距離感がぐっと縮まり「仲間」として認めてもらえる瞬間が訪れます。
    そのためには支援先企業よりも企業のことを深く理解し、我々の提案で確実な成果を出す必要があり、道程は決して平坦ではありませんが、成し遂げた後に肩を組んで笑いあうことができた夜は最高の気分です。

ENTRY

現在リヴァンプでは、
企業が抱えている経営課題に応え、
成長の原動力を創造する
一翼を担う人材を募集しています。

成長の原動力を創造する一翼を担う人材を募集しています。