INTERVIEW

2011年入社シニア・マネージャー飯田 雄士

プロフィール

2008年国内証券会社のM&A部門を経て、2009年アドバンテッジパートナーズLLP入社。主に投資先の経営改善、新規投資案件の買収検討業務を実施。2011年に参画。主にファンド投資先のマーケティングやコスト削減の経営改善業務ならびに予算作成や予実管理などの経営企画業務に従事。京都大学卒。

  • リヴァンプを選んだ理由

    前職ではチャレンジングな環境の中でエキサイティングな日々を送っており、やりがいも感じていたのですが、新規投資案件の検討業務に大半の時間を費やしておりました。
    将来的に経営者になるというゴールを考えたときに、日々の時間配分を投資案件の検討やモデリングではなく、より経営改善業務にシフトしたいと思っていたこと、また、単なる提案ではなく、より支援先企業の経営陣や現場と一緒になって会社を元気にしたいという思いがあり、リヴァンプを選択しました。

  • 現在取り組んでいること

    ファンド投資先の小売業を中心に、スコープを問わない、経営改善業務の実行を担当しています。
    一般的なコンサルティングですと、スコープを区切って、プロジェクトを走らせるのですが、スコープを限定せずに、業績が改善するのであれば、何をやってもいいプロジェクトになります。もちろん、オーナーであるファンドや会社の経営陣とはスコープを握りながら進めるのですが、制限は一切されていません。その分、より広範囲な知識・経験が求められます。
    例えば、ファンド傘下の映画館の再生案件において、約3年間、経営判断上の意思決定ルールを明確にした上で、クーポン施策による新規集客UPや会員化の促進、売店フードの商品開発や売り場の活性化、劇場・本社のコスト削減など、スコープをどんどん広げながら積極的に推し進めた結果、利益を約10倍に伸ばすことができました。
    また、リヴァンプの強みであるBtoCのマーケティングやITのチームとも日々連携し、自らその知識を吸収しながら経営改善を進めることができるため、なかなか得ることができない複数のスキルセットが日々身についていると実感しております。

ENTRY

現在リヴァンプでは、
企業が抱えている経営課題に応え、
成長の原動力を創造する
一翼を担う人材を募集しています。

成長の原動力を創造する一翼を担う人材を募集しています。