INTERVIEW

2013年入社シニア・アソシエイト阿部 浩平

プロフィール

主にサービス業、製造業において全社企業価値向上支援、全社コスト削減、業務プロセス改革等の案件に携わる。早稲田大学卒。

  • リヴァンプを選んだ理由

    学生時代のチームスポーツの経験から、将来は気の合う仲間と「これだ」と思った事業を部活のようにやりたいという思いを持っており、その実現のためにまずは経営のトレーニングを積みたいと考えました。
    マーケティングやITのハードスキルの習得は、当然必要だと思いますが、経営を傍で見ながらも「現場」の経験が積める環境こそが、自分の性に合っていると思い、リヴァンプを選びました。
    入社前にリヴァンプの支援先でインターンをさせてもらっていた際に、リヴァンプが陰で支えながら現場が変わり、会社が変わっていく様を目の当たりにし、学生ながらにこれは本質的だと感じたことが最終的な決め手となっています。

  • 現在取り組んでいること

    現在はサービス業のWEBを中心としたマーケティング領域の支援や製造業の業務プロセス改革支援の案件を担当しています。
    新卒入社当時は、スキルや業界知識がないにも関わらずプロとして価値を出すことが求められることに難しさを感じました。リヴァンプでは多様な経験・スキルを持った社員がおり、会社としての取組事例も豊富ですので、学びながら進められているというのが良い点だと思います。実際、マネージャークラスの人間でも、元々のスキルとは違うスキルをプロジェクトを通してゼロから学ぶ過程で身に付けていった人が少なくないように思います。ですから、理念に共感できる方であれば飛び込んで成長していける環境です。
    「企業を芯から元気にする」ためであれば、手段を問わずに何でもできることがリヴァンプの特徴です。例えばあるコスト削減の案件では、コスト可視化から始まり、業務プロセスの作り込み、それを実行するための組織刷新、さらには商品戦略や外注戦略にまで踏み込んだことで、単なるコスト削減ではなく、業務が高度化することによって結果的にコストも大きく下がり、商品力は上がるという大きな成果を上げることができました。外部という立場で、ここまで深く入り込める仕事はなかなか無いのでは、と思います。
    また、個人的には自分の成長が会社に与える影響が大きいことにとてもやりがいを感じます。今は会社も大きくなり様々なキャリアパスがあるのですが、創業以来会社が向き合ってきたことの一つは「いかに後天的に経営者を生み出せるか」という問いであり、新卒入社の自分がどこまでいけるかはこれの一つの答えになります。これに対する会社の期待も大きなモチベーションになっています。

ENTRY

現在リヴァンプでは、
企業が抱えている経営課題に応え、
成長の原動力を創造する
一翼を担う人材を募集しています。

成長の原動力を創造する一翼を担う人材を募集しています。