新卒入社社員MEMBER

阿部 浩平

経営支援チーム
マネージャー
阿部 浩平

経営支援チーム
マネージャー
阿部 浩平 2014年新卒入社後、サービス業、製造業において全社企業価値向上支援、全社コスト削減、業務プロセス改革等の案件に携わる。早稲田大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

学生時代のチームスポーツの経験から、将来は気の合う仲間と「これだ」と思った事業を部活のようにやりたいという思いを持っており、その実現のためにまずは経営のトレーニングを積みたいと考えました。
マーケティングやITのハードスキルの習得は、当然必要だと思いますが、経営を傍で見ながらも「現場」の経験が積める環境こそが、自分の性に合っていると思い、リヴァンプを選びました。
入社前にリヴァンプの支援先でインターンをさせてもらっていた際に、リヴァンプが陰で支えながら現場が変わり、会社が変わっていく様を目の当たりにし、学生ながらにこれは本質的だと感じたことが最終的な決め手となっています。

今やっていることは?

現在はサービス業のWEBを中心としたマーケティング領域の支援や製造業の業務プロセス改革支援の案件を担当しています。
新卒入社当時は、スキルや業界知識がないにも関わらずプロとして価値を出すことが求められることに難しさを感じました。リヴァンプでは多様な経験・スキルを持った社員がおり、会社としての取組事例も豊富ですので、学びながら進められているというのが良い点だと思います。実際、マネージャークラスの人間でも、元々のスキルとは違うスキルをプロジェクトを通してゼロから学ぶ過程で身に付けていった人が少なくないように思います。ですから、理念に共感できる方であれば飛び込んで成長していける環境です。
「企業を芯から元気にする」ためであれば、手段を問わずに何でもできることがリヴァンプの特徴です。例えばあるコスト削減の案件では、コスト可視化から始まり、業務プロセスの作り込み、それを実行するための組織刷新、さらには商品戦略や外注戦略にまで踏み込んだことで、単なるコスト削減ではなく、業務が高度化することによって結果的にコストも大きく下がり、商品力は上がるという大きな成果を上げることができました。外部という立場で、ここまで深く入り込める仕事はなかなか無いのでは、と思います。
また、個人的には自分の成長が会社に与える影響が大きいことにとてもやりがいを感じます。今は会社も大きくなり様々なキャリアパスがあるのですが、創業以来会社が向き合ってきたことの一つは「いかに後天的に経営者を生み出せるか」という問いであり、新卒入社の自分がどこまでいけるかはこれの一つの答えになります。これに対する会社の期待も大きなモチベーションになっています。

今田 健斗

事業コンサルティングチーム
シニア・アソシエイト
今田 健斗

事業コンサルティングチーム
シニア・アソシエイト
今田 健斗 2014年新卒入社後、 小売業を中心にMD業務改革やIDPOSデータを用いたマーケティングに携わる。中央大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

祖父が会社を興し、幼い時からその姿を近くで見ていました。学生時代に友人と起業した際、事業に向き合い毎日試行錯誤する中で常に知識や経験不足を痛感しました。この2つの実体験から、就職活動では20代から経営の現場で圧倒的な経験出来る環境を求め、結果、学生時代からご縁があったリヴァンプに入社しました。
リヴァンプの良さは、スキル面の向上だけではなく、世の中のビジネスを広く深く理解できる点です。私自身は入社以降、小売業の案件に携わっており、人間味のある「商い」に魅力を感じています。あらゆる企業の中から、自分が楽しいと思える業界に出会えたことにも感謝しています。
実際に、リヴァンプが支援させていただく企業は多岐にわたり、自社で経営する事業もあります。先輩方から勉強会やオフィスでの雑談でそれぞれ従事しているプロジェクトの話を聞くだけでも多くの刺激を受けることができ、それがモチベーションにもつながっています。

今やっていることは?

大手小売業にてMD業務フローの改革と精度向上と全社的なマーケティングの支援をしています。
まずはお客様の現場に入り込み、膝を突き合わせて議論する中で課題を抽出し、それに対する改善策を立案するというサイクルを日々回しています。その中でITの知識はかなり重要で、文系出身の私自身には関わりが薄い分野ですが、日々の仕事を通じて学び続けています。
業務におけるやりがいは、「現場」とのコミュニケーションを通じて、支援先企業の成長に貢献出来たときに感じます。外部の立場であるからこそ、社長からパートの方々まで組織を跨いで会話することができ、客観的な視点で「現場」に関わることができます。実際にパートの方々が抱えている不満・やりにくさを解消することで、経営の数字が改善することもあり、「現場」とのコミュニケーションを大事にすることを私自身の仕事の軸にしています。
余談ですが、支援先企業に常駐していることもあり、お客様に気軽に相談いただけることや、業務後の食事やゴルフのコンペに誘っていただくことも嬉しく、日々のモチベーションにつながっています。

今出 真由

経営マネジメントチーム
アソシエイト
今出 真由

経営マネジメントチーム
アソシエイト
今出 真由 2017年リヴァンプに新卒入社後、ファッション小売企業とブライダル企業の経営支援業務に従事。中央大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

自分が成長できそうな会社だと思えたからです。
私は「成長できる環境があるかどうか」を軸に企業を選んでいました。学生時代、私は歌を歌うことに夢中でプロを目指していましたが卒業直前にその夢をあきらめ、大きな挫折を経験しました。その経験から「もう一度何かに挑戦して夢中になって成長したい」という思いが強く、就活においてもそういう基準で企業選びをしていました。
しかし、様々な企業を見始めると、どの業界・会社が自分に合っているかが分からず、まずは多くの業界と関わりのある会社を探していました。その中で「企業を芯から元気にする」という理念を掲げたリヴァンプと出会い、経営支援という環境でまた歌と同じような情熱をもって挑戦してみようと思い、入社を決めました。

今やっていることは?

アパレル小売業とブライダル企業の経営支援業務に携わっています。 アパレル小売業においては、仕入から販売まで、小売領域における経営戦略策定のアシスタントとして日々の判断材料の収集を行っています。 ブライダル企業では、ウェディングドレス販売促進のテーマである「集客」×「マーチャンダイジング」の「集客」の部分を担当しています。ここでは、来店数の最大化を目指し、顧客・スタッフをはじめ関係者と密にコミュニケーションを取りながらネット広告運用やWEBページの改善等に取り組んでいます。

仕事でやりがいを感じたことのエピソードは?

仕事を始めた当初、私はクライアントとの打ち合わせにおいて、先方の要望にただ応えるだけで終わってしまうことが度々ありました。「その判断がクライアントにとってベストな選択なのか?という疑問を持って話してないよね」と、先輩からの指摘で気づき、以降はそのような小さな判断を断続的に行うことで、提案する施策の精度を高めることができました。自分の頑張り次第で成長の幅と深さが決まるリヴァンプの環境は、時に正解が分からず不安になることもあります。しかし、その分成長スピードが速い場所だと日々感じています。

関口 高廣

経営支援チーム
アソシエイト
関口 高廣

経営支援チーム
アソシエイト
関口 高廣 2017年リヴァンプ新卒入社。基幹刷新とEC支援業務に従事。一橋大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

大学時代は体育会の男子ラクロス部に所属し、ひたすらラクロスに打ち込む生活を送っていました。 そんな折、部活のOBである先輩方が開催したリヴァンプの説明会で衝撃を受けます。リヴァンプの方たちは、他の社会人の方と異なる雰囲気があり、仕事に対する高い誇りを持ちつつも、仕事を楽しんでいる様子がひしひしと伝わってきました。 たった一回の説明会でこの人たちからもっと学びたい、この人たちのような社会人になりたいと思うようになりました。その後、何度かお話をする機会を設けていただく中で、その思いは確信に変わり、リヴァンプへの入社を決意しました。

今やっていることは?

ファッション小売企業でEC売上成長支援のプロジェクトを担当しています。急成長中のEC部門において、更なる売上向上や業務の効率化による残業時間の削減のために、範囲を絞らず、支援先企業にとって有用となるような支援を日々考え実行しています。1年目からお客様の抱える課題を自分で考え、解決策を提案する機会を与えてもらえるので、責任の重さと仕事の難易度は高いと感じることもありますが、とてもやりがいを感じて仕事に取り組んでいます。自分の頑張り次第でいくらでも仕事を任せてもらえる環境にあるので、早く1人のプロフェッショナル人材として、プロジェクトを推進することが今の目標です。

仕事でやりがいを感じたことのエピソードは?

日頃から基幹刷新のシステムに関するインプットを積極的に行っており、それを仕事に活かそうと必死です。最近ではお客様から上司宛ではなく私宛に相談が来るようになり、前までの自分自身より成長が出来ていることを少しずつ感じています。さらにお客様の期待に応えたいという想いから、現在は仕事に対してより前のめりになっております。
自分自身の仕事を通して、支援先企業からの信頼を勝ち得ることが私にとっての仕事のやりがいです。お客様からの期待は大きく、責任は重いですが、成長することでそれに応えていきたいです。

港 高志

CIO支援チーム
シニア・アソシエイト
港 高志

CIO支援チーム
シニア・アソシエイト
港 高志 2017年新卒入社後、データ分析を基軸に、ディベロッパー企業の業務改革に従事。京都大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

「人」が魅力的な環境で、切磋琢磨したい。その想いでリヴァンプの門をたたきました。
もともとコンサルティング業界にあまり関心がなく、就活では全く別の業界を探していました。サークルの先輩の紹介でリヴァンプを知り、面談を通してたくさんの社員の方と会い、いろいろな話をさせていただいた中で「人」の集合体としてのリヴァンプに惹かれていきました。この人たちと働きたい、この人たちから多くのことが学べると自然と思うことができたのが選んだ一番の理由であったと感じます。
前向きで魅力的な「人」が集まり、価値を出せる社風であることこそが自分がリヴァンプに惹かれた根本的な要因であったと実感しています。

今やっていることは?

ディベロッパー企業の①データ分析支援②プロモーション支援③業務標準化支援を並行して行っております。
日々の現場の業務改革から経営方針まで非常に幅広く関わっています。素朴な疑問や仮説などを「データ分析」というアプローチから紐解き、支援先企業の方と二人三脚で理解を進めています。
入社当時はただ分析業務をこなしアプトプットを出すだけしかできませんでした。しかし今ではたくさんのスコープに関わり、様々なスキルが必要となっています。求められることが枠に収まっていないリヴァンプこそ、一番自分が成長できる場所であると感じています。
支援先企業の方から「一緒にやっていこう」この一言をもらえたことが最も嬉しい瞬間です。普段一緒に仕事をしている人とは言え、支援先企業とは雇い主と雇われ人の関係であることは紛れもない事実です。プロモーションや分析業務などを「やってください」ではなく「一緒にやっていこう」と改めて言われることで、コンサルというポジションから「仲間」へと昇華できたような気がします。
同じ方向を見ているのだと実感すると同時に、それ以上の価値を出さないといけないというプレッシャーも感じます。だからこそこの一言を頂いた時には、今一度自分の求められていることを再認識し、仕事でやりがいを感じることができます。

藤村 茉莉江

業務コンサルティングチーム
アソシエイト
藤村 茉莉江

業務コンサルティングチーム
アソシエイト
藤村 茉莉江 2018年リヴァンプ新卒入社。生命保険企業の業務改革やブライダル企業の経営支援業務に従事。中央大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

就活中に重視した軸は「多業界に関われること」と、「経営層から現場スタッフまで様々なレイヤーの方と一緒に仕事ができること」の2つでした。その結果、コンサルティング会社と多業界にサービスをもつ事業会社の2つに絞り、内定も頂いたのですがどちらに進むか決心できずにいました。そんな時「事業会社をもちながらコンサルティング業務も行っている」リヴァンプを知り、自分にとっては良いとこ取りな企業だと感じ入社を決めました。リヴァンプでは、「自分のしたいことを探しながら、したいことが見つかったときに備え実行するスキル」を身につけたいと思っています。

今やっていることは?

主にブライダル企業の経営支援業務に従事しております。経営支援業務といっても、何をするか明確になっているわけではなく「クライアントの状況に応じて商品・チャネル・業務の見直し」を行っています。現在は販売促進のテーマである集客や、その受け皿となる従業員の業務効率化などを担当しています。各テーマに応じた目標数値の最大化を目指し、机上の空論にならない実行可能な施策をクライアントと一緒に進めています。そのため実際の業務内容はいわゆる“泥臭い”内容も多いのですが、そういった1つ1つのことをどれだけ徹底してクライアントと一緒にやれきるか、意識しながら日々業務に取り組んでいます。

仕事でやりがいを感じたことのエピソードは?

自分自身の取り組みが認められ、クライアントから「仲間」として認めてもらえることにやりがいを感じるのではないでしょうか。疑問形でお答えしている理由としては、まだ本当のやりがいを感じることができていないと思っているからです。リヴァンプが行う経営支援の仕事の本質は、お客様であるクライアント企業を動かすこと、つまり人を動かすことにあると思っています。人を動かすには数字やロジックだけでは無理で、一人の人間としてクライアントと同じ目線でクライアントの事業に向き合う必要があります。その向き合い方に性別年齢は関係なく手段も決まっておらず、愚直に向き合い続けた先に、いつか「認めてもらう瞬間」が訪れると信じています。そうして認められた上で目標を成し遂げた後、クライアントと肩を組んで笑いあうことができ、初めて本当のやりがいを感じられるのではないかと思います。そうなれるよう日々精進しております。

齋藤 孝幸

事業コンサルティングチーム
アソシエイト
齋藤 孝幸

事業コンサルティングチーム
アソシエイト
齋藤 孝幸 2018年リヴァンプ新卒入社。小売企業の業務改革支援業務に従事。中央大学卒。

リヴァンプを選んだ理由は?

企業を芯から元気にするという理念に共感したことと、机上の空論ではない現場により沿った経営支援業務に魅力を感じたからです。私の父が小さいながらも事業を営んでおり、幼い頃から経営を身近に感じていました。大学時代ビジネスコンテストに出場したことをきっかけに「自分で事業を経営してみたい」という思いが強くなり、実務的な経営手法を学べる会社を探していました。そのタイミングで当時コンテストの審査員をしていたリヴァンプ社員の方々に出会い、業務内容や社員の人柄に惹かれ入社を決めました。

今やっていることは?

主に、小売企業の業務改革支援に従事しております。流通・小売業界のバリューチェーンのプロセスごとに課題を抽出し、その1つ1つに仕組みやツールを用いて課題を改善しています。個人としては、計画策定支援と数値検証、業務を進める上で必要なフォーマット作成などを主に担当しております。どの業務もクライアントのことを第一に考えることを意識しています。

仕事でやりがいを感じたことのエピソードは?

クライアントと一緒に業務を進め、数値が改善し感謝された時にやりがいを感じます。微力ながらもクライアントの力になれることは普段からクライアント先に常駐しているからこそ得られる経験だと思っています。クライアントにとって本当に価値のあるものは何か徹底的に考え提案し、その結果として経営課題が改善されることが最大の喜びです。業務内容は簡単なものではなくプレッャーも感じますが、やり抜いた先に成長があると信じています。