ホーム

トピックス

RetailTech領域強化のため、Scrum Ventures FundⅡ, L.P.へ戦略的LP出資を実施、Scrum Ventures社と業務提携

トピックス

2014.08.25 PRESS情報

RetailTech 領域強化のため、Scrum Ventures FundⅡ, L.P.へ戦略的 LP 出資を実施8月25日、Scrum Ventures 社と業務提携

株式会社リヴァンプ(本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO:澤田貴司、以下:リヴァンプ)は、Scrum Ventures 社(本社:米国カリフォルニア州、ゼネラルパートナー:宮田拓弥、以下:スクラムベンチャーズ)が GP として運営する Scrum Ventures FundⅡ,L.P.に対して戦略的 LP 出資を実施、また、2014 年 8 月 25 日付でスクラムベンチャーズと業務提携いたしました。

リヴァンプは、“企業を芯から元気にする”をミッションとし、中長期的な成長を目指して事業・経営の現場に直接参画する経営支援を 2005 年の創業以来行っており、これまで飛躍の可能性がありながら壁を越えられない企業や苦境に陥った企業などを、特にリテール業界を中心に多数支援してまいりました。その中で、近年、リテール業とテクノロジーの融合した“RetailTech(リテールテック)”領域の成長は著しく、リヴァンプとしても当該領域の事業運営、事業支援の強化を進めて参ります。

こうした取り組みを加速する上で、シリコンバレーを拠点とするスタートアップ企業投資に特化したベンチャーキャピタルであるスクラムベンチャーズが運用するファンドへ戦略的 LP 出資を実施するとともに同社と業務提携し、日米間の情報共有や企業ネットワークの強化を図ります。これよりリヴァンプは米国における“RetailTech”の先端事例の収集・活用、米国スタートアップ企業との連携を通じて、更なる成長のための機会を創出することが可能になります。

一方、スクラムベンチャーズは、今回の業務提携により、更なる日本市場の理解や日本企業とのネットワークの強化が可能となり、投資先およびファンドの出資者への期待に広く応えることが可能になります。リヴァンプは、今後もこのような有望ビジネス領域についても積極的に取り組み、徹底した現場主義を貫きながら会社を芯から元気にする経営改革を実行し、日本経済をも元気にしていきます。

本件に関する問い合わせ先

株式会社リヴァンプ 広報:鈴木  Tel:03- 5413-7165 / email:Press@revamp.co.jp