*/ ?>

ホーム

リヴァンプとは

スタッフ紹介

マネージャー 米本 秀高

リヴァンプの人材

米本 秀高マネージャー

プロフィール 2009年4月伊藤忠商事入社。ソーラー部門で太陽光・太陽熱エネルギー発電所への投資、太陽光パネルの輸出入、国内外にある事業会社管理業務等に従事。
大学在学中に、リヴァンプの再生案件に参画。学生向けプロモーションに携わる。
2012年10月、リヴァンプに参画。クールジャパン商材を中心とした海外関連事業、民間学童保育事業、新卒採用を担当。
慶應義塾大学卒業。



マネージャー 米本 秀高

今やっていること

「学童保育事業の経営管理」と「クールジャパン施策の支援」を主に担当しています。

前者は、事業計画策定から保育園前での早朝チラシ配りや亀の餌の経費管理まで、事業経営に係るものすべてを現場の皆様と力を合わせて企画および実行します。目の前にいる顧客の満足度をいかに高めるか考えつつ、事業拡大を見据え、まだ見ぬ顧客にどういった価値を提供出来るか思いを巡らせるファンタスティックな仕事です。

後者は、日本のアニメ、マンガ、映画、音楽、食といった日本コンテンツを世界に広めるための戦略策定、調査、トライアル事業などを日本在住の外国人留学生の協力を得ながら推進します。海外出張に出る機会も多くあり、国内外で新しい人との出会いが絶えないエキサイティングな仕事です。

仕事でやりがいを感じたことのエピソード

あえて言葉を選ばずに申し上げると、自分のパフォーマンスを通じて、関わった人たちの稼ぎが増えるとやりがいを感じます。具体的に申し上げると、お客様のビジネスが大きくなったり、お世話になっている取引先に大きな発注が出来たり。あと、同じチームの後輩のボーナスが増えると最高に嬉しいです(笑)

より多くの方々に稼いでいただくためにも、「いまある事業を大きくしなければ!」「新しいビジネスを生み出さなければ!」と日々考えております。

マネージャー 米本 秀高

リヴァンプを選んだ理由

リヴァンプとの出会いは、大学時代にまで遡ります。友人の紹介で、リヴァンプが当時手掛けていたファーストフードの再建案件に関わりました。お会いしたすべての社員が、明るく、前向きで、頭がよく、それでいて気合いと根性でチャレンジをし続ける方々で、「なりたい自分」をそこに見た気がしました。

海外事業への憧れもあり、新卒で総合商社に入社しました。日本の基幹産業を支える使命感、海外との密接な関わり、優秀な先輩・後輩、安定した給与、など順風満帆な社会人生活を送っていました。ただ会社そのものの戦闘能力の高さに甘えてしまう自分にもどかしさを感じてもいました。

「なりたい自分」と「チャレンジを求められる環境」を求め、一発奮起してリヴァンプへ転職しました。正直、激しい業務量で大変な毎日を送っていますが(笑)、周囲の皆様に支えられ、とても充実した時間を過ごしています。