*/ ?>

ホーム

リヴァンプとは

スタッフ紹介

シニアマネージャー 小池 明弘

リヴァンプの人材

小池 明弘シニアマネージャー

プロフィール 2002年キューブシステム入社。マネージャとして課をまとめつつ、設計・開発・PM・営業の担当として、大手小売業や大手金融業のプロジェクトに関わる。
2010年アクセンチュアへ転職。フィールドサービス事業会社のBPRプロジェクトで基幹システムの刷新、フィールド系フロントシステムの刷新を担当。コンサルティングフェーズから、リリース後の改善・定着化までを業務×システム×組織×人の視点で支援。
2016年リヴァンプ・ビジネスソリューションズへ転職。グローバル製造小売業向けの基幹構築プロジェクトに従事しつつ、社内の仕組み作りや人材育成に関する取り組みを行っている。
芝浦工業大学卒業。



シニアマネージャー 小池 明弘

今やっていること

大きくは2つです。
1つは様々な現場に突入し、業務コンサルティングからデリバリー管理、保守のフォローと言ったプロジェクトの各ステージを担当しています。

もう一つは社内の改革を担当しています。
企業の成長ステージで発生する課題は様々です。
コミュニケーション改革、DevOpsのしかけ作り、人材育成戦略とその仕掛け作りと言った領域で、全社横断的に協力者を参集して取組みを進めています。

仕事でやりがいを感じたことのエピソード

ソリューションの縛りが無いので、その企業を元気にさせるために何をしなければいけないのか、組織・業務・人・ITといった様々な軸からアプローチしています。局面によってはITスキルを全く必要としていないプロジェクトもあります。
そういった点で、自分の考えるベストなアプローチを自由に考えられることにやりがいを感じています。

一緒に働くメンバは様々なバックボーンで優秀な人が多く、仕事をしていて楽しいです。

シニアマネージャー 小池 明弘

リヴァンプを選んだ理由

転職活動はそれこそ必死にやりましたよ。これだけ多くのエージェントや企業の方と会って、真剣に考えたことが無いというくらいです。

最終的には、自身の感覚では決めきれない企業が数社残ってしまい、評価軸と重み係数を元にスコアリングして、総合点でリヴァンプとなりました。

要因は、オファー回答前までに会った多くの方とのフィーリングが近かったことと、会社として行動の自由度の高さです。縛りがないということは、その分の責任も個人にのしかかりますが、やりがいを感じることが出来ると感じました。

あとは会社としての課題です。自身の力を課題解決に貢献できるかという視点で企業選びしていたので、特に人に関する課題が自身の得意分野とマッチしていたところも大きいです。どの企業にも課題はあります。ミドルクラスでの転職だったので、自身の力がその課題解決に貢献できるかは選定要素として重みをおいていました。

そのため、入社後のギャップは皆無でした(笑)