*/ ?>

ホーム

リヴァンプとは

スタッフ紹介

コンサルティング部 執行役員 五藤 伸介

リヴァンプの人材

五藤 伸介コンサルティング部 執行役員

プロフィール 2002年、株式会社インターメスティック(Zoff)入社。販売・店舗マネジメント・商品企画開発担当を経て企画グループMGRに従事。
商品計画・企画開発・生産・販売・販促・消化等、各MDプロセスの連動とSPA機能強化を推進。
2010年、リヴァンプに参画。主に流通・小売企業の業務改革・システム構築支援、新規事業立ち上げ等に従事。
日本大学卒業。



コンサルティング部 執行役員 五藤 伸介

今やっていること

業務×ITチームの責任者として、大手・中堅小売企業の業務改革・システム構築支援、自社事業立ち上げと管理等、複数案件のプロジェクトマネジメントに従事しております。
私のチームの特徴は、実務経験がある事業会社出身者がクライアントの現場に入り込み、業務主体者の視点で課題の抽出と解決策の策定を行いつつ、ITメンバーと連動して本質的に必要な仕組みを構築する点にあります。

長い時間とコストをかけて作られたシステムが業務とフィットせずに使われないケースが散見される中、短期間で業務側から問題の本質に迫り、まず簡易な仕組みで業務を改善するアプローチは、多くのクライアントから高評価をいただいております。

仕事でやりがいを感じたことのエピソード

まず、クライアント側の方とつながりを持てた時です。事業会社の組織の中にいた時と比較して、クライアント側からは外部の人間と見られるので、
当然、コミュニケーションの難易度は高くなります。

その中で経営層から現場の最前線の方まで様々な方と濃密なコミュニケーションをとって、目標に向かって一丸となってプロジェクトを実行できた時、
非常にやりがいを感じます。また、その中で結果を出し、報酬をいただいて実行したにも関わらず感謝の言葉までいただいた時、
前職では得られなかったレベルの達成感を感じます。

コンサルティング部 執行役員 五藤 伸介

リヴァンプを選んだ理由

前職ではオペレーションの中心で様々なことに関わらせていただき、非常にやりがいも感じていましたが、もっと視野を拡げて自分を成長させたい気持ちも強くありました。

そんな中、現場と向き合って「会社を芯から元気にする」といいう稀有なコンセプトに共感してリヴァンプの門をたたきました。入社直後は求められるスキルの高さにとまどうことばかりでしたが、金融・コンサルティングファーム・ITベンダー・総合商社や広告代理店出身者など、それまで密接には関わることのなかった人材や、クライアント側の多くの方と関わり、多くの案件の中で揉まれることで、日々成長を実感できる刺激的な毎日を送っています。