*/ ?>

ホーム

リヴァンプとは

スタッフ紹介

執行役員 デジタル&IT部長 安藤 大祐

リヴァンプの人材

安藤 大祐執行役員 デジタル&IT部長

プロフィール 前職は、外資系ITコンサル会社にて、流通・小売業の情報系システム(BI、社員ポータル)のグランドデザインや構築にPLとして従事し、その後、リヴァンプ・ビジネスソリューションズに入社。現在は、SPA企業のMD業務改革連動のグローバルMDシステムの構築などの案件に参画。プロジェクト・マネージャとしてクライアント企業に入りこんだ支援を実施している。



執行役員 デジタル&IT部長 安藤 大祐

今やっていること

小売業におけるマーチャンダイジングや、通販システムにおけるECの仕組み、業務基幹システムの改善や刷新を担当しております。

主にクライアントの情報システム部の方々と一緒に、システムの課題をひとつひとつ解決していくことや、必要に応じて全て入れ替える、ということを行っております。

クライアントからは当初ITの課題として話がくるケースが多いですが、そもそも業務が仕組化されていない場合は、まずは当社の業務チームが現場に入り込んでいく、という手法を取っております。一方、ITのシステムが組織化されすぎている場合は、ITチームから入って解きほぐしていくなど、柔軟に取り組んでおります。

仕事をするうえで大切にしている心がけ

システムの完成をゴールにするのではなく、経営にインパクトを与えることを最終ミッションに据えることを大切にしています。

IT業界って「つくって終わる」ことが多いですよね。しかしリヴァンプでは、しっかりと経営インパクトを出すためにリリースしてから2~3年たったものを進化させつづける、という非常に珍しい手法をとっております。

それは簡単なことではもちろんございません。経営インパクトのある、例えば在庫の削減や人件費の削減など、そこに結果を出すシステムの難しさは非常に感じております。
理論的には在庫が減るはずだが運用してみないとわからないこともあります。システムとは違う業務上の「なにか」によって数字が変わることもあるわけです。

これは、抜け道の多さが課題で、システムをつくるということだけでは何も変わらないのです。使う人の意識や、イレギュラー運用をひとつずつ潰していかなければならない点が難しいところですね。

仕事でやりがいを感じたことのエピソード

やりがいを感じるのは、自分にしかできない仕事をご依頼いただき、それを最後まで遂行できたときですね。

先ほど申し上げた、経営インパクトのあるシステムの実現にあたっては、ロジックが非常に複雑で、高い技術力だけでなく深い業務知識とお客様への理解が求められます。また大抵の場合、理論だけで見通しをつけることが難しいため、即座にモックをつくって実際にデータを確認するということもします。そういう仕事をやりきれたときには充実感を覚えますね。

その他、システム的なアプローチだけではなく、クライアントで業務に精通している人をITチームに巻き込むような施策を打つこともします。実際に、業務部門側のエースを情報システム部に呼び込んでペアプログラミング教育を実施し、一緒にシステムをつくってもらうこともあります。

業務を理解している人がITをつくることで、ユーザビリティが大きく変わります。業務に関わっている方と一緒に仕事をすることで自分も成長していると感じますね。

執行役員 デジタル&IT部長 安藤 大祐

リヴァンプを選んだ理由、前職との違い

前職はITコンサルティング会社で、流通業界のシステムの開発と技術支援を行っておりました。
リヴァンプにジョインして感じたギャップは、顧客との距離感が大きく違うことですね。前職ではITコンサルタントとして、顧客と一線を引いたプロフェッショナルとしてフィーをいただくというスタイルでした。一方リヴァンプでは、プロフェッショナルとしての立ち位置は維持しますが、より顧客側に入り込んで情報システム部の方々と一緒にやっていきます。

ただ、自分の中では働き方に大きな違いはありません。

今も昔も常に全力で楽しく仕事をやっているだけです。その結果として、お客様と素晴らしい関係を築けていることは、本当にありがたいことですね。